ギリギリだよエヴリディ

自由に生きて愛しなよ

元担の話

初めて泣くほど人を好きになりました。

歌番組であなたが歌うたびに、バラエティであなたが笑うたびに、主演映画やソロツアーが決まった時も、いつも私は泣いていました。

好きすぎる感情が涙になって溢れるという体験は、あなたが初めてでした。

この人の歌が、この人の声が、この人が、本当に好きだと思いました。

 

あなたは少し、他の人とは違う部分がありました。

他のメンバーが笑顔でいるのに対し、最悪な態度でテレビに出ている日もありました。ネットでも散々に叩かれているのを見ました。

熱愛が出たこともありました。案の定私のメンタルは死にました。

だけど、それでも付いて行きたいと思えたのはなぜだろう。自分でもわからないです。ただ、心の深い深いところで、あなたのことが好きだったんだと思います。

 

私は、他の人にお金と時間をかけたいと思ってあなたを降りました。だけどあなたをテレビで見かけるたび「ああ、やっぱり素敵な人だな」と思っていたのもまた事実です。

 

いなくなっちゃうからそう思うのかな。だとしたら私は相当都合のいい人ですね、そんなことはわかってます。

 

自分は降りた身だから、こういうことを書くのは違うっていうのももちろんわかっています。

だけど、あなたをまだ見れるうちに、この気持ちを綴らせてください。

 

もう一切、振り返らずに歩み続けてください。

夢を小さくまとめずに、全てをかけて挑んでください。

 

本当は、いつまでも続くと思っていました。

終わるはずないって思ってました。

今、私のiPodの中であなたが「叶わない願いが今も僕を締め付ける」と歌いました。

やっぱりあなたの歌声は最高です。

事務所内に閉じ込めておくにはもったいないってそう思うことにします。

 

明日、生放送をちゃんとこの目に焼き付けておこうと思います。

 

夢に向かって新たな一歩を踏み出そうとしているあなたのことを応援しています。